法律によって最低時給というものがきちんと決まっています。

時給を決める要素とは。
時給を決める要素とは。
時給を決める要素とは。

最低時給は決まっているので注意を

法律によって最低時給というものがきちんと決まっています。地域によっても違うことがありますが、これを守っていないと労働基準法違反になってしまうので、経営者は注意をしておかなくてはいけません。あまりにも安い値段で人を働かせることは、人権の尊重という面でもよくないことです。労働者の取り扱いについては注意を払っておかなくては、これからの時代会社として生き残っていくことは難しくなるでしょう。とくに海外からの留学生等は、その待遇面で不利な扱いを受けることが多いです。社会問題にもなっていますし、場合によっては国際問題にも発展しかねません。きちんと人として大切に扱うことが重要です。決して人は、単純な労働力ではないということを認識しましょう。

大企業ならこうした問題については専門にアドバイスをしてくれる人がいるので心配はないのですが、個人でバイトを雇うときなどには注意が必要でしょう。自分の地域の最低賃金を把握していないという人も中にはいますから、意図せず法令違反を犯してしまうことにもなりかねません。アルバイトを雇うときには、しっかりといろいろな面で注意をしておかなくてはいけません。休憩時間の確保なども、きちんと法律で決められています。