つい最近耳にしたニュースで、最低賃金が上がるというものでした。

時給を決める要素とは。
時給を決める要素とは。
時給を決める要素とは。

時給が良くなるということ

つい最近耳にしたニュースで、最低賃金が上がるというものでした。最低賃金とはいわゆる時給のことで、パートやアルバイトをしている人たちにとっては朗報だと言えます。各都道府県により最低賃金の額は違いますが、時給がよくなることで生活に潤いが生まれるのは間違いありません。例えば時給が20円上がったとしたら1日5時間働いた場合、上がる前と比べて100円給料に反映されます。それを20日続けたとしたら月2000円も給料がよくなります。2000円収入が増えたらその分少しご飯を贅沢したり、服を買ったり出来るわけです。

同じ仕事をするなら出来れば少しでも得る収入が多い方がいいに決まっています。もちろん仕事を長く続けたり、仕事をする能力が高いと判断されたらアルバイトやパートでも昇給する制度を設けている会社はたくさんあります。しかしスタートラインから時給が高いとその分やる気も出るし、仕事がキツくても時給がいいからと我慢して頑張ろうと思う人の方が多くなると思います。給料を支払う会社側からすれば、一人当たりの時給を10円上げるのも大変というのが本音かもしれませんが、特に飲食店のように働く人がいなくなり困っている場合もあるため、働く人を労う気持ちで時給をあげて欲しいです。